真田一族ゆかりの市町村による仮想ミュージアム

 真田氏の歴史をいかしたまちづくりを目的に、真田町の呼びかけではじまった真田氏サミットも、宮城県白石市の開催(平成13年11月11日)で4回を数えました。
 そこで、それぞれの市町村がホームページで紹介する真田氏のページを連携し、「真田電子博物館」とすることを決めました。


ひだりの館内案内図の、展示室のシンボルをクリックしますと、真田サミット参加市町村の真田氏ゆかりの情報ページに直接リンクします。
また、トップページへは、下の市町村のシンボルマークからジャンプできます

【開館時間】午前0時ー午後12時
 ※24時間いつでもどうぞ

【休館日】ございません
 ※メンテナンス時に一時休館の場合があります

【観覧料】頂いておりません
 ※ご観覧はすべて無料です


参加市町村のシンボルとホームページへのリンク

真田サミット共同宣言

 戦国の乱世をたぐいまれな武勇と知略で生き抜いた真田氏は、武士道を貫き400年以上の時を超えて現代の人々の心にその名を残しています。
 この真田氏にゆかりの全国の市町村が、宮城県白石市に集い「新世紀真田サミット」において、次の事項を確認し、ここに高らかに宣言します。

1.真田氏の歴史ロマンを後世に継承し、
   人々の活力とします。
1.真田氏の歴史ロマンをまちづくり、人づくりに活かし、
  心のかよいあう温かいまちを築きます。
1.真田氏ゆかりの地域間における信頼関係を築き、
  相互理解のもと人的、物的交流の促進を図ります。
 
平成13年11月11日

新世紀『真田サミット』