《真田氏館跡》

真田氏の上田城築城以前の居館といわれていて、永禄年間(1558-70)頃の建築ではないかとされている。

形式としては、中世豪族の居館の形態がほぼ完全な形で保存されている。

当初は真田信綱の為に建てられたが、信綱が長篠の戦いで戦死してから、真田昌幸が上田城を築城する前に使用したともいわれている。

お屋敷公園見取り図

上田築城後に館のあった位置に皇太神社を建て献納したらしい。

この規模は東80m、西130m、南160m、北150mの土塁をめぐらせ、その周囲には壕もあったと推測されている。

南口を正面とし、枡形の大手門の跡があり、西北隅には土塁に囲まれた厩屋跡がある。

←大手門と土塁

この居館の周囲に武家や商人が城下町を形成していたとされ、商人町は上田の築城に伴い、上田の城下町に商人エリアの原町として集団移転され、その後この地域は以前の原町、すなわち本原(もとはら)と呼ばれている。


お屋敷跡の皇太神社

真田氏居館跡

追 記
東部町の海野あたりも上田の城下町に移転され、上田城下で商人エリアの海野町を形成したのに対し、東部町の海野エリアは元海野と呼ばれている。

戻る

サイトマップへ

厩屋跡→