夏でもスキー

やっぱり すべりた〜い!


夏の菅平高原は、なんといっても、ラグビー・サッカーなどの合宿をする選手たちでにぎわっています。

あちこちのグランドでの元気な練習をよそに、路上で、ちょっと変わったトレーニングをしている人たちに出会いました。

なんと、インライン・スケート(*外部参照1)にストックを持ち、若干傾斜のある道路を“シャーッ”とスラロームしながら降りてくるのです。







Q:すみません、それは何と言うスポーツなんですか?

A:ああ、これはスキーの練習なんです。

――インライン・スケートは現在主流となっているカービング・スキー
にフィーリングが似ている事から、スキーの夏季練習に採用されているのです。

車のナンバーを見ると、なんと、「相模原」と「石川」のナンバーです。

Q:あのー、石川県からですか?

A:はあ、神奈川と石川から来ました。
毎冬、スキーに来る菅平に、スキーの夏季合宿をしに来たのですが、場所がなくって・・・


Q:インラインは東京では原宿や渋谷のNHK付近なんかで結構流行っているようですが・・・

赤坂あたりだと、外人が車道を走っているのを見かけますよ。
ニューヨークのセントラルパークや、サンタモニカなんかでは、ラジカセを手に持って聞きながらやっている映像を見たことがあります。

A:そうなんですよ。 やりたい人はたくさんいるのですが、日本ではなかなか安全に練習できるところが少ないんです。


スキー人口の減少が深刻な問題となっていると聞きました。

しかし、夏でも、このように熱心にスキーの練習に励む人たちがいるのにはビックリしました。

聞くところによると、北陸の福井のスキー場では、秋にインライン・スキー大会(*外部参照2)を開催して、全国からたくさんの参加者があるそうです。