近代・現代編
21世紀 最初の慶事
真田町誌 全5巻 堂々完結!

平成9年度より刊行されてまいりました『真田町誌』ですが、21世紀を迎えましたこの2001年3月に残りの1冊「近代・現代編」が発刊、いよいよ全5巻の完結となります。

 明治以降から平成の現代までを網羅した本巻は、貴重な図版で綴られたまるで絵巻き物のようです。大切に保管されていた方々から提供された写真は必見の価値があります。
関連記事
傍陽線サニアパーク

好評既刊の内容
自然編
 平成9年1月31日発刊
 オール・カラー印刷の豪華版。真田町の自然を豊富な写真で見ることができます。また町内に棲息する生き物の図版も多く、図鑑として眺めても興味深い一書です。

関連記事
神川菅平ダム

歴史編 (上)
 平成10年3月20日発刊
 真田町の歴史は、真田一族をヌキにして語れませんが、この巻では有史以前の原始時代から真田幸村の活躍した戦国末期までの歴史を詳述しています。

関連記事
真田三代

歴史編 (下)
 平成11年3月20日発刊
 江戸時代を中心に、真田信幸に始まる上田藩(真田氏、仙石氏、松平氏)の支配体制や、農民の生活をわかりやすく解説。建築・美術・工芸などの文化遺産もふんだんに紹介されています。

関連項目
松代道

民俗編
 平成12年3月21日発刊
 民俗というのは、いわば“現代に息づく歴史”とでも申せましょうか、かつての人々の生活・習俗が今に伝えられたものです。400年前の真田幸村や家臣、それを支えた農民たちの営みを垣間みることができます。
関連項目
獅子舞凍み豆腐水車

珍しい蟹の年取り

米の粉をねったネジと呼ばれる供え物