真田の獅子舞についてお伺いしました 



―― さきほどの舞は、女獅子らしく、終始うつむいて顔をあげませんでしたが、そのへんが、男獅子との相違点でしょうか?

ANS. ハハハ! いやー、チョット訳があってね・・反省しているようなもんですよ・・・

―― はぁ? 訳ってなんですか?”

ANS. あれはね、獅子頭を頭に固定する紐がゆるくてね、どうしても下を向いてしまったんですよ”

―― え? 終始下を向いていたのは、偶然だったのですか!

ANS. ははは、下を向いて反省していたようなもんです・・・



押森さんの解説に、思わず笑ってしまった獅子舞でした。


このあたりの獅子舞は、

テレビをクリックすると獅子が舞います
(ダウンロードに時間がかかります)
1. 真田昌幸が上田城の築城の際に、地固めをするために、笛太鼓で踊りながら皆で地面を踏みならした事を発祥とする三頭獅子(みつがしらじし)。

2. 太太神楽(だいだいかぐら)。伊勢を発祥とし、江戸の丸一“まるいち”の系統を伝える曲芸的、性的要素の強い獅子舞。
規模の大小ではなく、お伊勢まいりの代わりに獅子頭による祓(はらえ)で代える、代理の意味を含めた、代神楽との説もある。

3. そしてこの獅子舞が主で、男獅子と女獅子は同じようなものだとのお話。



記事にもどる