菅平高原スポーツランドの概要
広大なエリアに100に近いラグビー・サッカーグラウンドがある菅平高原に、さらに菅平のシンボルとも言える菅平高原スポーツランド(愛称 サニアパーク菅平)が完成しました。 この施設の特徴は、何と言っても、各グランドが年間を通し、良質の芝生で覆われ、サッカー・ラグビーの公式試合も開催可能な最大規格の競技スペースを確保していることが上げられます。
また、公認陸上競技場としては標高1300mという、日本で最も標高の高いところに位置し、準高地トレーニングに最適という理想的な環境にあります。
 


クリックで拡大図へ

 
所 在 地 真田町大字長字十ノ原1278-244
事業主体 真田町
敷地面積 185,221平方m〔南北:約560m×東西:約330m〕
施設概要 (1)運動施設
 (1) メイングラウンド 156m×90m
(芝生スタンド 5,000人収容)
 (2) 陸上競技場 第3種公認取得
全天候型400mトラック8コース
(芝生スタンド 4,000人収容)
 (3) Aグラウンド 136m×80m
 (4) Bグラウンド 142m×80m
 (5) Cグラウンド 152m×85m
 (6) Dグラウンド 152m×87m
 (7) ランニングコース 1周 650m
 (8) 100m斜走路 スピード・ダッシュ、脚筋力トレーニング用
 (9) マレットゴルフコース 芝生コース・18ホール

    ※5面のグラウンド、陸上競技場のインフィールドは全て芝生で覆われています。


(2)附帯施設
 (1) 管理センター ロビー・インフォメーション
更衣室(シャワー設備付)・医務室
レセプションルーム・主催者事務室
事務室
   (2) 駐車場 普通車300台収容
 (3) 司令塔(フォリー) 5棟〔34.20平方m〕(トイレ・手洗い付)
メイン・A・B・C・Dグラウンドに設置
 (4) 屋外トイレ 2棟 〔38.13平方m・22.80平方m〕
 (5) 陸上競技場器具庫 1棟〔210.00平方m〕
 (6) 管理倉庫 1棟〔210.00平方m〕


サイトTOPへ