● ● ●
● ● ●
真田の旗印 六文銭
戦国武将の中で、特異な存在であった真田一族の、このユニークで、一度見たら忘れられない六文銭の“旗印”と“家紋”。
これは六文銭とも六連銭ともいわれているが、これは真田幸隆が定めたものと言われている。

この六文銭の謂われ、仏教の六道銭をあらわしている。
六道とは、仏道で言うところの、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上、と一切の衆生が善悪の業によって赴くところの六つの冥界を表しているという。

六文銭は、死者を葬る時に持たせて送る、いわゆる“三途の川の渡し銭“であり、現在の葬儀においてもその風習がみられる。。

これを旗印にすると言う事は、いつでも死ぬ用意が有るぞ! と言う強烈なメッセージであり、この旗を見た敵は恐れ慄いた事だろう。
真田一族ゆかりの史跡にみられる六文銭


● ● ●
● ● ●